外部講師利用でかかる費用

外部講師はお金がかかってしまう

新しい仕事を任せたり、昇格させたりなどは社員を成長させるきっかけの1つです。また、資格を取得してもらうことも知識や技術の習得に繋がるため、実施する価値があります。さらに、講師による社員研修も効果的なきっかけとなるでしょう。社員研修での講師は内部と外部のどちらかを選ぶことになります。内部は依頼しやすいですし、費用はかからないメリットがあります。一方で外部講師は内部に比べてお金がかかったり、先方のスケジュール次第だったりなど、こちらの希望が通らない可能性はあります。特に、知名度の高い外部講師はまとまった費用がかかってしまいます。それでも、社員に興味を持って参加してもらえるので、講師にお金をかけるのは選択肢の1つとして有効です。

費用を確認して慎重に判断しよう

まとまった金額を支払う外部講師を依頼する際は、かかる費用を確認して慎重に判断することが大事です。安さ重視で講師を選ぶ時は、10万円以下で依頼が可能な外部講師から選びましょう。知名度は高くなかったとしても、専門家として経験や知識が豊富な外部講師は存在しているため、選び方次第では大きな効果に期待できます。また、費用はかかっても良いので知名度の高い外部講師を希望している場合は、50万円以上や100万円以上の価格帯から選んで決めることをおすすめします。50万円以上や100万円以上のレベルになると、メディアで目にする機会が多い有名人を招くことが可能です。ただ、無理に高額な外部講師を呼ぶ必要はないため、問題ない範囲で最適な人材を選びましょう。