内部講師利用のデメリット

講師の教育のために長い時間が掛かることもある

社員研修の際に、社内の各部署の社員に講師役を任せる場合には、一人ひとりの研修の対象者に適切な指導を行えるよう教育するために長い時間が掛かってしまうことがあります。また、講師役を務める社員の経験や能力によっては、本来の業務に差支えが出るケースもあり、人事担当者や各部署の管理職と話し合いをして、慎重に人選を行うことが重要となります。社員研修の講師にふさわしい担当者を育成する方法については、数々のビジネスに関する専門誌や情報サイトなどで特集が組まれることもあります。そこで、有意義な研修の計画を立てるにあたり、日頃から社員研修に携わるそれぞれの関係者が必要な知識を身につけて業務に生かすことが大切です。

研修の内容が偏ってしまうことがある

社員研修を外部の講師に頼らずに自社内で完結する場合には、担当の講師のスキルによって、研修の内容が偏ってしまうケースもあるため十分な注意が必要です。例えば、営業や事務、経理などの特定の職種に関する研修を実施する際には、一人の講師に担当させずに、教え方が上手な複数の講師が役割分担をして研修を行うと良いでしょう。また、一方的な講義だけでなく、パネルディスカッションやプレゼンテーションを取り入れるなど、研修の対象者の積極性を引き出せるようなカリキュラムを考えることが大事です。なお、自社内の経営方針や事業内容に合った研修のテーマを選ぶだけでなく、同業他社の社員研修の事例を参考にして、業界内で役立つスキルを習得できるようにすることがポイントです。